カテゴリー

    • 楽天ペイ

    トップ > 京友禅風呂敷 ■平井友仙 > 正絹ちりめん二巾風呂敷

    手染めの京友禅風呂敷 正絹ちりめん風呂敷 ■平井友仙
    【風呂敷】家紋・名入れ 承ります 絹 ちりめん 名入れ 家紋

    京都の趣ある町屋が板場友禅染の工房。玄関土間から暖簾をくぐり細長くつづく通り庭の先にある工場(こうば)で、美しく上品な風呂敷が染め上げられます。
    手染にこだわり、長板に白生地を張り型紙を使って糊おきして、刷毛でぼかしを入れて染め、蒸して洗浄。ほとんどの工程がこのこうばでおこなわれます。


    正絹ちりめん二巾御風呂敷 平井友仙の風呂敷 
     平井友禅工場は明治27年の創業。創業当時から絵画などの美術染色を得意とする、伊勢型紙を用いた伝統的な京友禅染、板場友禅(型友禅)染の工房です。
    広幅の染めにこのような技法を守る職人がいなくなる中、今も伝統の型友禅染にこだわる数少ない工房のひとつとして、正絹縮緬地の高級風呂敷や袱紗をつくり続けています。
    工房は京都の趣ある京町屋。
    玄関土間から暖簾をくぐり、細長くつづく「通り庭」の先にある工場(こうば)で、美しく上品な風呂敷が染め上げられます。

      手染の技にこだわり、長板に白生地を張り、型紙を使って糊おきして、刷毛でぼかしを入れて染め、蒸して洗浄する。ほとんどの工程がこの工場(こうば)でおこなわれます。
    風呂敷の生地に使う正絹縮緬は、美しい艶とふっくらとしたしなやかな風合いが手に優しく、その上しわにならず風呂敷地としては最高のものです。
    産地で別織した丹後縮緬地に京友禅の粋を集めて別染し、縫製にも気配りして丁寧に仕上げます。

    商品の風呂敷は、ぼかしの技法を用いた手描きの風合いが上品な味わいを醸しています。
    また、一枚の生地を、ぼかしの技法を用いて手描きの風合いに絵柄を表現して、さらに表裏染め分ける高度な技で表裏色目あわせの風呂敷も染めていただきました。
                              【風呂敷】 家紋・名入れ 承ります。

                                  Kyo-Yuzen Huroshiki
    正絹縮緬二巾御風呂敷


      平井友仙 染『掛袱紗』

      ご結婚披露宴のお品だそうです。
      「牡丹」が袱紗に、本当に見事に再現されています。


    京都でも数少なくなった「板染め」工場(こうば)。
    油小路にある町屋の奥、建物や設備など作業環境を改善した工場(こうば)では、
    昔ながらの道具と技を守って風呂敷や袱紗が作り続けられている…
    作家 平井 友仙
    * 作家  紹介ページはこちら からどうぞ *
    作家 平井 友仙

    正絹ちりめん二巾風呂敷

     正絹ちりめん二巾風呂敷


    平井友仙の手染めの風呂敷


    京友禅 風呂敷 (作家)平井友仙


    お祝いに和の贈り物!結びにぬくもりを感じる

    和がやっぱりいい ・・
    家紋やお名前をいれて、お祝い事

    内祝い・贈り物 ・結婚式の引出物・結納にも最適です。


    風呂敷(ふろしき)は大変ご好評いただいております。

    全6件

    こだわりの手しごと三春の【 お祝い プレゼント ギフト 引き出物 】
          

    【冠婚葬祭】 「正絹ちりめん風呂敷」をさりげなく使いこなしましょう
    ◆風呂敷は大切なものを『お渡しする』道具です

    ●「金封」をお渡しする「小風呂敷」


     
    − 風呂敷単独で、また、「切手盆」と一緒に − 

     冠婚葬祭いろいろに「金封」をお渡しする機会があります。
     水引がかかった金封はそれ自体が心遣いが行き届いた立派な日本の文化です。
     そして、その金封を袱紗(ふくさ)に包んで、取り出してお渡しする。
     これは素晴らしい日本の作法です。

    *風呂敷形状のものを「帛紗(ふくさ)」「小風呂敷」といいます。

     「小風呂敷」は、金封そのままでも切手盆に載せても、また金封以外の大切なものも
     包むこともできるので一枚あると重宝します。

    *小風呂敷は、慶事は右開き、弔事は左開きに、家紋を入れた小風呂敷は
     家紋が上に綺麗に出るように包みます。

    ●お届け物やお祝いの品、手土産を包んで“持参”する「風呂敷」

    ・デパートやお店の紙袋で持参する場合も、予め品物を風呂敷に包んでおくと良いです。
    ・お渡しするときに目の前で風呂敷包みを解きます。
    ・先方が「のし」を正面から読めるように品物の向きを改めて、手渡します。

    *家紋入り風呂敷の場合は、家紋が上に綺麗に出るように、結び目を作らずに包みます。





     

    ◆風呂敷は大切なものを『包む』道具です


    お着物で外出
     ・コートなどを預ける際に包む「風呂敷」
      ホテル・式場でクロークに和装の道行やコートなどを預ける際に風呂敷で包みます。
     ・お茶会などで荷物をまとめる「風呂敷」



    ◆風呂敷をお祝いの品に
     ( 内祝い、贈り物 、結婚式の引出物、結納、お返し)

    華やかな吉祥柄や格調ある両面染の二巾風呂敷、また、冠婚葬祭に大活躍するリバーシブル小風呂敷をお祝いの品に。

    ◇引き出物やお祝いの品に、お一人お一人のお名前などもお染めいたします。
     ・新社会人や結婚などのお祝いに、先様のお名前を入れて
     ・出産の内祝いにお子様のお名前を入れてご両家のご両親に
     ・結婚式などの引き出物やお祝いのお返しに、先様のお名前を入れて
     ・還暦や長寿のお祝いに干支を入れて




    冠婚葬祭・フォーマル用に『正絹ちりめん風呂敷二巾』と『小風呂敷』
    家紋とお名前を染入れてフォーマルな風呂敷


    両面染め二巾風呂敷 小風呂敷 二巾風呂敷 干支風呂敷

    正絹ちりめん風呂敷
    京友禅風呂敷
    「両面染め」二巾風呂敷

    正絹ちりめん風呂敷
    京友禅風呂敷
    「両面染め」小風呂敷

    正絹ちりめん風呂敷
    京友禅風呂敷
    二巾風呂敷

    正絹ちりめん風呂敷
    京友禅風呂敷
    干支風呂敷


    【名入れ】 【家紋】抱茗荷 【家紋】丸に根笹 【家紋】下がり藤 【家紋】丸に三つ柏

    【風呂敷】 家紋・名入れ 承ります  


    和装雑貨に戻る

    【風呂敷】家紋、名入れ 承ります 絹 ちりめん 名入れ 家紋

    ページトップへ